阿南友亮 Yusuke ANAMI

専門科目

政治学(中国近代政治史、現代中国政治、日中関係論)
公共政策大学院では、主に国民国家論演習を担当。

略歴

 2011年4月赴任。小5から中2までの期間を中国で過ごす。その時に直面した数々の謎を解き明かしたいという気持ちから大学時代に中国研究の門を叩く。「百聞は一見に如かず」の精神に基づき学部時代より中国大陸を旅して回り、30代半ばまでに中国の全ての省、自治区、直轄市、特別行政区に足を踏み入れた。博士課程在籍中の2000年から2002年にかけて北京大学国際関係学院に留学。2010年10月に慶應義塾大学より博士(法学)の学位を授与される。
 2012年にワークショップC(日本のソフトパワーと広報外交の検証)の主担当を務める。

公共政策大学院の授業にあたって

 2012年度に対外政策に主眼を置くワークショップCの指導教員を担当いたしました。このワークショップの主たる目的は、中国国内の対日イメージを改善するために日本政府などがどのような政策を展開してきたかを分析し、中国国内でのアンケート調査などをもとにそれらの政策を評価したうえで、新たな取り組みに関する提案をおこなう点にありました。ワークショップの期間中、情報の受け手を意識した「聞きやすい、見やすい、わかりやすい」プレゼンテーションを心がけるという課題をメンバーに課しました。メンバーは、この課題に真摯に取り組み、見事にハードルをクリアしてくれたと感じております。詳細は、ワークショップの成果報告を御覧下さい。
 ワークショップ以外では、国民国家論演習という授業を担当しております。「日本人」あるいは「中国人」といったネイションが一九世紀以降いかにして形成され、どのような特徴を有しているのかという大きな問題についてナショナリズム論の古典を読みつつ、議論をしております。公共政策に携わる前に政策の対象となる国民国家という枠組みについて考えてみるのも重要なのではないでしょうか。

研究室にて

 主たる研究テーマは、20世紀以降の中国における党・軍・社会の関係です。一つの政党が国家の主権を独占するという特徴を持った中国において軍隊がどのような役割を果たしてきたのかについて関心を持っております。また、安全保障という観点からアジア・太平洋地域の国際関係を分析することも日常業務と化しつつあります。近年の主要な業績(抜粋)は以下のとおり。ホームページで詳細な情報を御覧いただけます(http://www.law.tohoku.ac.jp/~anami/)。

「海洋に賭ける習近平政権の『夢』―『平和的発展』路線の迷走と『失地回復』神話の創成」、『国際問題』No.631、2014年5月。
http://www2.jiia.or.jp/kokusaimondai_archive/2010/2014-05_005.pdf

Xi Jinping's "Chinese Dream" and the Unity of the Chinese Nation.
AJISS (The Association of Japanese Institutes of Strategic Studies) - Commentary, August 13, 2013.
http://www2.jiia.or.jp/en_commentary/201308/13-1.html

「協調と対峙の米中関係―未解消の冷戦構造」、国分良成、小嶋華津子編『現代中国政治外交の原点』、慶應義塾大学出版会、2013年。

『中国革命と軍隊 近代広東における党・軍・社会の関係』、慶應義塾大学出版会、2012年。

「戦略的互恵関係の模索と東シナ海問題 二○○六年―二○○八年」、高原明生、服部龍二編『日中関係史 1972-2012 I 政治』、東京大学出版会、2012年。

「人民解放軍考」、『外交』Vol.10、2011年11月。

△ このページの先頭へ