渋谷雅弘 SHIBUYA Masahiro

専攻科目

租税法

略歴

1995年に東北大学法学部に赴任しました。

公共政策大学院での授業にあたって

基幹科目として「租税制度論」および「政策税制論」を担当しています。租税制度を学ぶとは、あるべき租税の原則と、その原則を実現するための仕組みを考えること をいいます。他方、政策税制とは、租税以外の様々な政策目標を実現するために、税制を手段として用いることをいいます。この租税制度と政策税制とのバランス感覚 を修得するように努めています。

研究室にて

資産課税および地方税制を、主な研究対象としています。また、2004年に、法科大学院教材として、『ケースブック租税法』(共編著)を公刊しています。

Newsletterエッセイ

リンク先

△ このページの先頭へ