公共政策大学院TOP > 概要 > ごあいさつ

概要

ごあいさつ

地に足のついた解決策へのこだわり

阿南 友亮
東北大学公共政策大学院院長
阿南 友亮

 時代の推移とともに変わりゆく国際・国内社会の問題・課題をどのように解決していくべきなのか。公共政策大学院の最も重要な特徴は、問題・課題の中身を検証することに留まらず、それらに対する解決策を提示することに研究と教育の主眼を置いている点にあります。

 東北大学公共政策大学院は、数ある公共政策大学院のなかでも特に「現場力」を磨くことに強いこだわりを持っている点を特徴としております。「現場力」とは、問題・課題が発生している社会の現場と解決策を検討している組織の現場に適応しながら個性を発揮するために必要となる知識、視座、スキル、経験を意味します。

 本大学院では、2011年の東日本大震災以降、東北地域の様々な現場、すなわち防災・復興、少子高齢化対策、持続可能なコミュニティー作り、再生可能エネルギーの挑戦といった現場に活動の重点を置いてきました。また、海外の現場にも赴き、広報外交や危機管理などについても検討を重ねてきました。問題・課題が発生している現場に身を置きながら、最善の解決策を探っていく。このような姿勢を重視する本大学院では、在学生が現場と非常に近い距離で2年間研鑽を積みます。

 本大学院のカリキュラムの核となる公共政策ワークショップは、政策立案のプロである現役の国家公務員(実務家教員)および政策を科学的に分析する研究者(研究者教員)による共同指導のもとでおこなう数々の現地調査をつうじて「現場力」を身に付けつつ、解決策の編み出し方を実践的に学ぶ場となっております。在学生は、中央省庁、自治体、NGO、そして企業がどのようなアプローチで問題解決に取り組んでいるのかをそれぞれの現場で調査・体験しつつ、自分たちが将来それらの組織のなかでどのような形で貢献できるのかについて具体的なイメージを育んでいきます。

 毎年本大学院の門を叩く新入生の諸君は、4つのワークショップに分かれ、最初の1年間を共同作業のなかで過ごします。それぞれのワークショップ内のチームワークならびに中間・最終報告会における他のワークショップとの緊迫した質疑応答の応酬は、本大学院の校風である学生間の強い絆を生みます。そうした絆は、卒業後もお互いを支え合うOB・OGのネットワークの基盤となっております。

 強い絆と「現場力」を誇る東北大学公共政策大学院にまた新たなメンバーをお迎えすることを楽しみにしております。

▲このページの先頭へ